自分に合ったホワイト企業の探し方とは?

ランキングを上手に使いこなそう

これを、ROEがより高い20%以上にするとどうなるか。1位のミサワホームはCSRランキングは191位と上位ではない。CSRランキングの上位企業は表には入って来ず、CSR評価は全体に低くなる。明らかに財務面の評価が強まり、結果は大きく変わってくる。業種も構造的にROEの高い情報・通信業など非製造業が占めるようになる。さらに、ROEは、借金を多くして自己資本を少なくすると高くなる特性があるので、ケースに応じて割り引いて考える必要もある。

そもそも、大手でROEが20%を超える企業は多くない。評価対象の3505社を対象にすると、3期平均のROEが10%以上の企業は714社(比率20.4%)ある。これが20%以上になると151社(同4.3%)に急減する。

反対に財務基準を緩くする方を考えると、近年ROEは上昇傾向にあり、5%では若干物足りない。そこで、今回は10%が適当であると考えた。ランキングを見る際には、注記などに記載されている対象範囲にも注意し、それがどのような意味を持つのかを自分なりに考えることも必要だ。

次ページホワイト企業の定義は…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。