日本人がほぼ知らない「格安保険」の最新トレンド

テスラの自動車保険はなぜ「7割」で済むのか

生命保険、オンラインによるサービス提供がもともとはメインでしたが、次第にオフラインのサービスにも進出し、メディカルドクターの派遣や遠隔診療といった医療サービスも提供。さらに生命保険にとどまることなく、健康保険、年金保険、損保保険にサービスを拡大。現在は、銀行、投資、決済といった包括的な金融サービスを提供する巨大なピンアングループとして、存在感を示しています。

ここまで急成長できた理由は、データを活用したからにほかなりません。これまでは保険に申し込む際、病歴や現在の健康状態など、事細かく書類に記入し、提出する必要がありました。場合によっては、新たに健康診断を受ける必要がある商品もあるでしょう。

一方、ピンアン保険ではこのような煩雑な手続きは一切ありません。スマートフォンでちょっとした入力を行うだけで、膨大なデータに基づき、保険の審査をAIが瞬時に判断。是非を、すぐに表示します。

住友生命保険もデータ活用したサービスを提供

住友生命保険が提供している「Vitality(バイタリティ)プログラム」も、ピンアン保険やアップル保険が提供しているサービスと近い、保険のデータ活用という観点から大いに参考になります。

バイタリティプログラムでは、利用者の健康状態や運動の状況により、4つのステータスに選別。ステータスに応じ、保険料が上下します。

『銀行を淘汰する破壊的企業』(SB新書)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

住友生命保険では2019年からスタートしていますが、バイタリティプログラムの仕組みは、かなり以前からあります。南アフリカの金融サービス会社、ディスカバリーが1994年に「Discovery Vitality」として生み出したのが起源です。その後アメリカのボストンにあるジョン・ハンコックという保険会社が採用。ようやく日本にも入ってきた、という流れです。

住友生命保険はプロモーションにタレントのバナナマンさんを採用していますが、運動することでメタボを解消し、健康になる。さらに、保険料も安くなる。そのようなサービスであることを打ち出しているのでしょう。

まさにそのとおりだと思います。バイタリティプログラムは、利用者、保険会社両方にとってメリットの大きいサービスですから、お互いウィン─ウィンになるのです。こういった経済学的に意義のあるデータを活用した同様のサービスは、次々と出てきてほしいと願っています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT