「サブスク」を理解しない企業が淘汰される未来

「ディズニー年パス」はサブスクと言えるか

近年新しいビジネスモデルとして流行している「サブスクリプション」。これからのビジネスを生き残るにあたって導入は必須ですが、注意点があります(写真:Graphs/PIXTA)
近年、新しいビジネスモデルとして流行している「サブスクリプション」。買い切りではなく、自社製品・サービスを「定額料金」で長く使ってもらうビジネスモデルだ。これからのビジネスを生き残るにあたって導入は必須だが、注意点がある。そう語るのは、ベンチャーキャピタリストであり『2025年を制覇する破壊的企業』を上梓した、山本康正氏。詳しく話を聞いた。

24時間顧客と接する時代に必須のビジネスモデル

これまでの顧客とのタッチポイントは、実店舗での接客であったり、もう一歩踏み込んだところで、顧客に何らかのロイヤルティーを付加するポイントカードの発行程度でした。インターネットの登場が、このようなこれまでのビジネスモデルを破壊しました。

スマートフォンのアプリやオンラインの店舗があれば、24時間いつでも顧客と接することが可能になったからです。そしてこれらのタッチポイントから顧客の情報を吸い上げ、それぞれの顧客にマッチした商品やサービスを紹介していく。つまり、顧客にとってよい体験をインターネットというタッチポイントでつながり続けることで、提供し続ける。これが、未来で成功する企業のモデルです。

そして、顧客とつねにつながり続けるための代表的なサービスが、サブスクリプションです。サブスクリプションの特徴は、一度あるサブスクリプションに入会したら、満足していれば顧客はなかなかほかのサービスに移らない点です。

つまりこれから企業が生き残るためには、サブスクリプションをいかに早く導入し、同業他社よりも先に顧客を囲い込むことができるかが重要です。ある意味、質のよいサブスクリプションを実行したものが勝つ、とも言えます。

逆の言い方をすれば、サブスクリプションを導入していない企業は顧客囲い込みの方法を1つ失うわけです。導入したいと考えてはいるけれど、テクノロジー的に難しい企業も同じです。このような状況にもかかわらず、日本の多くの企業を見ていると、いまだに旧態依然のビジネスモデルに固執しているところが多いと感じています。

次ページこれからはサービスの使い勝手、体験を重視する傾向に
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT