有料会員限定

「顧客の声」をDXで一元管理 食品大手が窓口に続々導入 【4179】ジーネクスト

印刷
A
A

顧客窓口に届く要望をクラウド管理するツール提供。食品業界中心に展開する。

代表取締役 横治祐介(よこじ・ゆうすけ)1977年生まれ。2001年有限会社ジーネクスト設立、05年株式会社に変更。21年3月東証マザーズ上場。今22年3月期は売上高10億4100万円、営業利益1億0500万円を見込む。(撮影:尾形文繁)
顧客対応をDX(デジタルトランスフォーメーション)で支援──。企業に寄せられる顧客の声を一元管理できるクラウドサービスを提供するジーネクストが今年3月、東証マザーズに新規上場した。そのサービスの特徴は何か。横治祐介代表に聞いた。

──2001年に会社を設立し、まず03年にパッケージソフト「CRMotion」をリリースしました。

24歳でジーネクストを立ち上げた当初は発注元の企業に常駐し、システム開発を行っていた。あるとき、事務機器メーカーで顧客対応窓口に関わる仕事をして3つのことに気づいた。

1つ目は、顧客対応窓口の業務量が多いこと。電話対応で現場はとても忙しそうだった。2つ目は、すばらしい仕事をしているのに日の当たる業務とはいえないこと。3つ目は、窓口には顧客の生の声が集まっているということだ。これは本来なら宝の山だ。顧客対応専門のシステムがあれば人手不足を解消し、顧客の声を幅広いシーンで活用できる。そう直感し、顧客対応窓口で使えるパッケージソフトを開発した。

──19年にソフトを顧客対応DXプラットフォームの「Discoveriez(ディスカバリーズ)」にリニューアルしました。

CRMotionは顧客対応窓口向けの数少ないソフトの1つだったので、口コミなどで顧客を増やすことができた。オプションで顧客対応業務向けの音声サービスやデータベースサービスなどの機能も追加してきた。それらを統合してディスカバリーズとした。従来はユーザーの施設内に機器を設置するオンプレミス型だったが、世の中でクラウド型への転換が進むことは早くから読めていた。ディスカバリーズへの統合はその流れに乗るためでもあった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内