有料会員限定

「コロナ特需」の先を見据え次に打つ海外攻略の布石 【7816】スノーピーク

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

アフターコロナでもアウトドア人気は続く。視線は巨大な海外市場へ。

スノーピークの店内では商品を広いスペースに配置し、使用時のイメージを浮かびやすくしている(写真:スノーピーク)

テントや調理器具といったキャンプ用品や衣料品などを販売するスノーピーク(証券コード:7816)がコロナ禍の中でも好調だ。

同社が昨年11月に発表した2020年12月期第3四半期(1〜9月)決算は、売上高114億2100万円(前年同期比8.4%増)、営業利益7億9300万円(同0.4%増)。20年の緊急事態宣言に伴う休業が響き小幅増益にとどまった。しかし、同社の20年12月期通期の会社計画は、売上高162億2200万円(同13.7%増)、営業利益13億3000万円(同43.9%増)と過去の最高営業利益(9億2400万円)を大幅更新、21年12月期も続伸の見通しだ。

コロナで「需要が爆発」

目下の好業績の背景にあるのは、例年なら閑散期である秋以降の売り上げ増加だ。20年は5月に緊急事態宣言が解除された後にアウトドア需要が高まり、夏以降に売上高が大きく増加。売上高の約8割を占める国内では直営店、自社EC、卸売りと全体的に販売が伸び、同10月の売上高は前年同月比53.2%増、11月は同35.6%増、12月も同27.9%増を記録した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内