「睡眠の質が低い人」が知らない枕の正しい選び方

柔らかすぎる枕は体に痛みが生じる原因にも

睡眠の質を向上させる枕の選び方とは(写真:EmirMemedovski/iStock)
良質な睡眠を取るためにはどのように枕を選べばいいのでしょうか。老舗寝具店「ねむり家」の店主であり、健康睡眠アドバイザーの大郷卓也氏が上梓した『睡眠は1分で深くなる! ──誰でもできるかんたん熟睡法』から、一部抜粋・再構成してお届けします。

「枕が変わると眠れない」という悩みを抱えている人は少なくありませんが、じつはその原因は枕そのものとは無関係です。本当の原因は、就寝する環境が変化することで体が興奮状態に陥ってしまい、自律神経のうち、交感神経が刺激されてしまうことにあります。

本来、睡眠時には副交感神経が優位にならなければ、心身がリラックスしてぐっすり眠ることはできません。その解決法としては、ホテルや旅館に泊まることになる旅先であっても、起床や就寝、食事などの時刻を変えず、なるべく日常と同じ生活リズムを守ることで、自律神経のバランスを整える方法が有効です。

日中の運動量を増やしたり、就寝の1時間前に入浴で体を温めるのも効果的です。

自分に合った枕はどう選ぶ?

以前、自分の体に合った「マイ枕」を自作することが小さなブームになったことがあります。その多くは、タオルをグルグル巻いてみたり、玄関マットを芯にして、その周囲にタオルを重ねて巻いたりした枕で、インターネット上にもそのつくり方を紹介している情報が散見されます。

私も試しにつくってみましたが、自分の首の高さにも合致しますし、適度な硬さにできるため、最初に受ける印象としては気持ちよく感じました。

しかし、実際にこの枕で眠ってみると、寝返りが打ちにくくなる違和感があり、体が横向きになったときに肩が圧迫され、肩や腰に痛みが生じるようです。

就寝時には気持ちよく感じても、実際は寝返りが打ちにくく、結果的には睡眠の質が低下してしまうため、私からはオススメしません。

次ページ枕選びのポイントは高さと硬さの2点
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT