「子ども2人連れて逃げた妻」が限界に達した瞬間

「死ぬ勇気も離婚する勇気もない」数年を経て…

結婚し5、6年ほど近くが経ってから夫からのモラハラを自覚し始めたレイコさん。「消えたい」と思いながらも、それでも彼女が守りたかったものとは――

「モラハラはなぜ起こるのか?」「なぜ被害者は逃げられないのか?」「どうすればモラハラから抜け出せるのか」……。

『モラニゲ モラハラ夫から逃げた妻たち』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

最近よく耳にするモラルハラスメントについて、なんとなく理解していても、詳しいことはよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

モラニゲ』は、シリーズ累計17万部突破のベストセラーとなった『督促OL修行日記』で知られる著者が、モラルハラスメントの被害者である9人の女性に取材を敢行。それぞれのケースとモラハラの苦しみから抜け出すまでの過程を描いたドキュメンタリー・コミックです。

同書より一部抜粋して、ご紹介します。

 

この記事の漫画を読む(13ページ)
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT