コミュ力の鍛錬に「手品習得」勧めたい合理的理由

俯瞰する力が身につく!まずは挑戦してみよう

:ありがとうございます。でも、理想の人生を歩めるなんて、ちょっと大げさなような……。

ひろむ:そうですかね? 例えば、仲良くなりたい人や好きな人と、「なに」をすれば仲を深められるだろうか? 理想の自分に近づくには、「なに」をする必要があるのか? こういったことも冷静に客観して行動できるようになれば、望んでいる結果が得られるようになります。マジックで培った客観力は、同じように自分の理想や目標にも応用できるんです。

「なぜ」ではなく「なに」にフォーカスする

:なるほど、客観力かあ……。僕は「自分が人からどう見えているのか」全然自信がないんです。どうしたら “客観力”を身につけられますか?

ひろむ:客観力を身につけるには、考え方を「なぜ」ではなく「なに」にフォーカスする習慣をつけることです。陽さんと初めて会ったとき、落ち込みまくっていたじゃないですか。あのときのことを覚えていますか?

:はい……。「なんでデートがうまくいかなかったったんだろう?」と落ち込みまくっていました。

ひろむ:そういう風に、辛かったことや自分の欠点を繰り返し思い出して、負のスパイラルに陥る考え方を“反芻(はんすう)思考”と言うんです。

:は、はんすう……しこう? 

ひろむ:はい。この考え方は、うつ病になる最大の原因なんて言われています。冷静に客観視をするうえでも、すごく邪魔になる考え方なので、以後禁止です。

:それでも考えてしまうときは、どうすればいいんですか? 

ひろむ:「なぜだろう」と考えるのをやめたほうがいいです。起きてしまった出来事を繰り返し考えるよりも、客観的に考えて「なにをするべきなのか」を考えるようにしましょう。

例えば、マジックをしているときにミスをして失敗しても、そのことを繰り返し考えていては前に進まないですよね。それよりも「次はミスをしないようにしよう」と心にとめて、「なにををするべきなのか」を考えるようにすることのほうが大事です。これから改善できることに目を向けることで、次のステップに進めます。

次ページ経験を積み重ねることで客観力は鍛えられる
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT