ヴェゼル対キックス、SUV電動化対決の行方は?

ホンダと日産の電動&SUV戦略車、その違いは

安全装備について、新型ヴェゼルは「ホンダセンシング」を全車に標準装備する。広角カメラと高速画像処理チップの採用、前後に4つのソナーセンサーを搭載することで、先代モデル以上に機能が進化した。

新機能としては、後方誤発進抑制機能や近距離衝突軽減ブレーキ、オートハイビームが新設定された。また、従来モデルにも装備されていたACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)には、渋滞追従機能も追加されている。さらにフロント・リア・左右ドアミラー下の各カメラの映像をもとに、上空から車両を見下ろしたような映像をナビ画面に映し駐車支援などを行う「マルチビューカメラシステム」も設定(e:HEV Zとe:HEVプレイにオプション設定)。走行中に斜め後方の車両を感知する「ブラインドスポットインフォメーション」(e:HEV Zとe:HEVプレイに標準装備)なども備えることで、より安全性を高めている。

キックスもプロパイロット全車装備

一方、キックスの安全装備では、高速道路での長距離運転や渋滞時でのストレスを軽減する独自の運転支援技術「プロパイロット」を全車に装備する。ミリ波レーダーにより先行車の状況を検知し車間距離をキープするほか、白線をモニターし、直線路からカーブまで、走行車線の中央を走行するようステアリングをコントロールする機能も持つ。

キックスのインテリジェントルームミラー(写真:日産自動車)

また、前方の状況を監視し、車両や歩行者との衝突回避・衝突による被害軽減を支援する「インテリジェント エマージェンシー ブレーキ」や「踏み間違い衝突防止アシスト」なども標準装備する。ヴェゼルと同じく、駐車中に上空から見下ろしているかのような車両の映像をナビに映す「インテリジェント アラウンドビューモニター」を全車にオプション設定する。

先進安全装備に関しては、両車ともに高い機能を有するが、キックスでは、さらに「SOSコール」も全車に標準装備する。近年、輸入車などにも採用されている緊急時の通報機能で、交通事故や急病になった際などに、車両の位置情報やセンサーの情報を基に専⾨オペレーターが消防指令センターや警察へ自動通報する。また、前席ルーフ中央のボタンを押せば、手動で通報することも可能だ。事故や病気だけでなく、あおり運転に遭遇した場合にも使える機能だ。

日産のSOSコールの概要(写真:日産自動車)

ほかにも両車は、先進のコネクティッド・サービスが充実している。スマートフォンの画面上で、離れた場所からドアの施錠やエアコン操作をリモート操作できるなど、さまざまな機能をいずれも有する。さらにヴェゼルでは、ナビの地図情報を自動更新する機能も新設。また、キックスのSOSコールと同様の機能「緊急サポートセンター」を、ヴェゼルではコネクティッド・サービスの一機能として設定する。利用するにはヴェゼルが「ホンダコネクト」、キックスは「ニッサンコネクト」に別途契約し、月額利用料が必要だ(SOSコールは別サービスで初年度登録から10年間無料)。

価格・まとめ

両車の価格(税込、以下同)は、ヴェゼルがハイブリッド車のe:HEVで265万8700円~329万8900円、ガソリン車のGが227万9200円~249万9200円。先述のとおり、最上級グレードe:HEVプレイを除くほぼ全グレードに2WDと4WDを設定する。一方、キックスは、やはり先述のとおり、ハイブリッド車2WDのみを設定し、Xが275万9900円、Xツートーンインテリアエディションが286万9900円だ。

また、ヴェゼルの価格をキックスと同じハイブリッド車2WDで見てみると、e:HEV X265万8700円、e:HEV Z289万8500円、e:HEVプレイ329万8900円。価格帯はキックスのほうがやや安い。だが、ヴェゼルにはさらに安いガソリン車の設定があり、逆に車体価格はより高くなるが4WD車も選べる(ガソリン車249万9200円、ハイブリッド車287万8700円~311万8500円)。ヴェゼルのほうが、キックスに比べユーザーの選択肢が幅広く、より多様なニーズに対応しているといえる。

キックスの新車販売台数は、2020年9月以降からほぼ毎月3000台半ばをキープし、2021年1月〜3月には月4000台半ばから5000台前半と上り調子であった。だが、4月には1721台で27位へ後退した一方で、4月23日に発売したばかりのヴェゼルは前年同月比57.7%増の3716台で13位に入っている。競合車種である新型ヴェゼルの登場が、キックスの販売台数に影響を与えたという結論づけは時期尚早であるが、国内コンパクトSUV市場になんらかの変化が起きていることは間違いないだろう。今後の動向が興味深い。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT