ヴェゼル対キックス、SUV電動化対決の行方は?

ホンダと日産の電動&SUV戦略車、その違いは

キックスのスタイリング(写真:日産自動車)

まずは、両車の大きな特徴である、ハイブリッドシステムから比較してみよう。ヴェゼルのe:HEVは、走行シーンに応じてモーター走行とエンジン走行をスムーズに切り替えるシステムだ。「EVモード」「ハイブリッドモード」「エンジンモード」という3つの走行モードを用意する。

EVモードは、発進時や市街地でエンジンを停止しモーターのみで走行する。ハイブリッドモードは、登坂時などの高負荷走行やバッテリー残量が少ないときに、エンジンの力で充電用モーターを回して発電し、その電力を使い走行用モーターで駆動する。また、加速時など走行用モーターにより大きな駆動力が必要な場合は、バッテリーからの電力も供給する。エンジンモードは、高い速度で巡航する高速道路などエンジンが得意とする状況下で、クラッチが直結されてエンジンの力で走る。

ヴェゼルの駆動方式は、ガソリン車も含め、2WD(FF)と4WDが用意されており(最上級グレードe:HEVプレイを除く)、4WD車には独自の「リアルタイムAWD」を採用する。つねに4輪の駆動力を最適に配分し、前輪の空転を抑えるなどの効果がある。とくにe:HEVとの組み合わせでは、モータードライブの特長である大トルクを、素早く最適な駆動力配分とすることで、悪路や雪道、悪天候時など、さまざまな路面環境でより安定感のある走りを実現する。

キックスは、より電動化を進めたe-Powerを採用

一方、シリーズハイブリッド方式を採用するキックスのe-Powerは、エンジンは発電用としてしか使わず、走行はあくまで駆動用モーターで行う点がヴェゼルとの大きな違いだ。一番の特徴は、アクセルペダルの踏み戻しで車速を調整できる「e-POWERドライブ」。「ノーマルモード」「S(スマート)モード」、「エコモード」といった3つの走行モードを用意するが、ノーマルモードではアクセルを戻した際の減速度は通常の自動車とほぼ同じだ。

e-POWERを採用したキックスのパワーユニット(写真:日産自動車)

燃費を重視したエコモードや、燃費と加速感を両立したSモードでは、ノーマルモードよりも強い減速を行う。いわゆる「ワンペダル操作」と呼ばれるもので、渋滞時やカーブの多い道路など頻繁に加減速が必要なシーンで、アクセルペダルのみで車速を調整できるため、アクセルとブレーキのペダルを踏み替える回数が減り、ドライバーの疲労度などを軽減する。

次ページSUVらしい4輪駆動を選ぶならヴェゼル
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT