慶應ビジネススクール初の女性教員、誕生秘話

外資系広告代理店を経て学問の道へ

山本:そう、「ダメでもともと」なんですよ。中3なら大学受験の問題が解けなくても当然。失うものがないならやってみようという感じですね。

私は11歳でアメリカに行ったのですが、そのときの体験が、「ザ・挫折」「ザ・敗北感」って感じなんですよ。一言も英語がしゃべれないのに現地校に行かされた。あのときのことを思うと、大抵のことは我慢できる。だから学生にも、「迷ったらつねに大変なほうの道を選べ」と言っています。なんだかすごく前向きな人みたいですけど(笑)。

塩野:山本先生のキャリアに話を戻すと、成蹊大学で9年間、学部生を教えたのなら、学生たちがかわいくなってしまって、離れがたかったのでは?

山本:成蹊大はすごく好きですし、学生たちも大好きなんですけど、慶應ビジネススクールからオファーをいただきまして、今年(2014年)からそちらで教えています。

塩野:慶應ビジネススクールの生徒は、企業から派遣されてきたオッサンばかりじゃないですか?

山本:女性も約3割はいますが、まだ男性中心ですね。私、自分でもびっくりしたんですが、慶應ビジネススクールの約50年の歴史で、史上初の女性教員なのです。

塩野:史上初ですか! そういう意味で、何かギャップがありましたか?

山本:それが意外となくて。もっとひどい目に遭わされると思ったんですけど(笑)、慶應ビジネススクールは学費も高いし、私も自分で学費を払って大学院に行ったので、ムダにできないという気持ちがある。だからきっとディマンディング(要求が多い)な生徒たちだろうと覚悟していたんですけど、意外と生徒も先生方も優しかったですね。

今年の4月に出たこの本のおかげも大きいのかな。「サインください」って言われたりします。

塩野:それが『キーパーソン・マーケティング』という本ですね。では次回はその本の内容について、詳しくお伺いしたいと思います。

後編は7月28日掲載

(構成:長山清子、撮影:今井康一)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • コロナショックの大波紋
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
羽田空港クライシス<br>コロナ禍で国際線が大混迷

新型コロナウイルスによる旅客減は、世界のエアラインの経営に大打撃を与えています。そうした中で羽田空港の国際線大幅増便が3月29日にスタートします。日本の「空の玄関口」は大丈夫か。現状と課題を総点検しました。