日テレ一強の決算にみるテレビ戦略の致命的ミス

放送産業の大きなパラダイムシフトをひもとく

「放送」ではもう伸ばしようがないのだから、「ライツ」に賭けるしかない。だから売り上げではなく利益を高める方向性を宣言した。

もう放送は伸びない。これはテレビ東京に限らずローカル局も含めたすべての局で同じだ。ということは、視聴率競争は指標を変えたにしてもさほど意味がないのだ。ここ数年、そうなのではというムードだったのが、コロナ禍ではっきりした。

21世紀型「放送局」の再定義

テレビ番組の価値を信じるなら、それをどうやったら見てもらえるか誰が何を求めているのかを考え、番組をその人たちにあった形で送り届ける必要がある。

WOWOWは決算と同時に発表した「10年戦略」の中で、こんなことを表明している。「コンテンツ→コミュニティ→カルチャー」。コンテンツを送り出すだけでなく、それを好む人たちのコミュニティを形成しカルチャーに昇華していく。

これは「放送局」のミッションの21世紀型の再定義だ。並行してネット配信に力を注ぎはじめたのも、コミュニティ形成の必要性を自覚したからだろう。会員の囲い込みが必要な有料放送ならではだが、実は無料放送でも同じことがいえる。

放送はコンテンツを送り出す起点として今後も重要だが、その後もいつでも接触できるよう配信も必須となっている。「お客さん」を維持し増やしていくためにはコミュニティを育成する必要もある。今後の放送局は視聴者、というより「ユーザー」と接していくイメージが1つの解だと考える。

(筆者作成)

テレビ番組は選んで見る時代だ。だからこそ、どんな人に見てもらえるかが大事であり、その層との接点がほしいスポンサーがいれば番組は成立する。不特定多数が見る指標である世帯視聴率は参考数値でしかなくなったのだ。

テレビの存在意義はいま、大きく変化し始めている。変化に沿って編成や番組作りを変えれば生き残れるメディアだと思う。どう生き残るのか、個々の局の戦略が問われている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT