IT社長が買いまくるアート投資の超熱狂【動画】

値上がり見越して、マネーが大量に流れ込む

今、日本では若年層のアートコレクターが急激に拡大しています。

日本市場の世界に占めるシェアは約4%

2019年の世界のアート市場は約7兆円で、アメリカ、中国、イギリスが
その8割を占めます。

『週刊東洋経済』2021年2月20日号の特集は「アートとお金」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

一方、日本の市場規模は2580億円ほどと見られています。2つの調査は基準が異なりますが、日本市場の世界に占めるシェアは4%ほどと小さいものです。ただ、その推移を追っていきますと2018年に比べれば約5%増えていて、4年連続で拡大し続けています。

世界のトップコレクター200人の2020年版では、5人の日本人コレクターがランクインしました。

そして新興コレクターの中核を成すのは、40代前後のIT系の起業家たち。彼らがアート投資に熱狂する背景とは? 『週刊東洋経済』のバックナンバー2021年2月20日号「アートとお金」特集から一部を動画にまとめました。

東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの森岡沙衣がポイントをわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

(再生時には音量等にご注意ください)

(デザイン:駒井佐和子、撮影:今井康一)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT