(第32回)【変わる人事編】2010年卒採用の異変。求人倍率1.62なのに最悪の就職内定率

 ただし、新卒採用はやや例外であり、直ちに落ち込んだわけではない。2010年卒採用は2008年10月の就職ナビのオープンから始まっており、9月のリーマンショックの影響を織り込む時間はなかった。2008年夏までに決められた採用計画に沿って就職戦線はスタートしていたのだ。ただその後の展開をみると、大きな異変が起きていた。

●意外に良かった2010年卒の大卒求人倍率に安心

 2009年卒採用以前は、各社とも採用計画に基づいて行動していた。採用数も計画時にだいたい策定されていた。就職氷河期といわれた時期でも翌年、翌々年を見通すことができたからだ。しかし2010年卒以降は計画を立てることが難しくなった。世界経済が荒波にもまれているときに、2年後の新卒採用数を確定させることは難しい。

 実際に10年卒採用では企業の動きは鈍り、選考は3月・4月に集中した。また「厳選採用」がより明確、濃厚になったと評価されている。「厳選採用」はこの数年の採用のキーワードだが、「たぶん必要だろう数」から「必ず必要な数」に絞り込むというニュアンスである。つまり、採用計画数に対して未達になろうが、求める質がレベルに達していない学生に妥協してまで、無理に採用することをしないという考え方だ。

 ところで、2010年卒採用の採用活動は2008年10月に始まり、選考は2009年3月~4月上旬に集中したが、この段階ではまだ誰も2010年卒採用の求人倍率はわかっていない。

 『大卒求人倍率調査』は、2009年4月14日にリクルートワークス研究所から発表された。2010年卒採用は1.62だった。意外にいい数字だった。2000年代前半よりもはるかに良く、2006年卒の1.60よりもいい。

 1.62という数字にいちばん安心したのは大学のキャリアセンターではないだろうか。現在の大学では学生を集めるために就職率を重視している。特に私立大学にこの傾向が強く、キャリアセンターへの期待が大きいからだ。

 ここで2000年以降の『大卒求人倍率調査』と『大学等卒業者の就職状況調査』の数字を対比させてみよう。0.99と最もひどかった2000年卒でさえ91.9%が就職している。1.60の2006年卒採用の就職率は95.3%だ。また、内定切りが出た2009年卒採用も最終的には95.7%という高い数字だった。さて、はたして2010年卒採用の求人倍率1.62は正しかったのだろうか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT