現代女性の生理の回数「昔の5倍」という衝撃事実

排卵の回数が多いぶん、ダメージも大きくなる

対して今は、はじめての生理の年齢は平均12歳です。子どもを産むのは30歳近くがいちばん多く、産む子どもの数も昔に比べて少なくなっています。さらに、今は市販のミルクもあります。赤ちゃんにおっぱいをあげなければ、生理がまたはじまります。このような理由で、現代女性の生理の回数は多くなっているのです。

排卵の回数が多いと、それだけ卵巣がダメージを受ける

昔に比べて生理の回数が多いと、何か問題があるのでしょうか。まず、生理の回数が多くなると、卵巣や子宮の病気になる可能性が高くなります。近年、婦人科系の病気になる人が増えていますが、理由は生理の回数が増えているからだとされています。

『生理で知っておくべきこと』(日経BP)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

正常な生理の場合は、毎月排卵が起こっています。この排卵の回数が多いと、それだけ卵巣がダメージを受けることが最近わかってきました。

12歳で生理が始まって、月に1回排卵しているとします。10年後の22歳の時点で10年×12カ月で、すでに120回も排卵しています。排卵の回数が多くなって、卵巣がダメージを受けると、卵巣の病気になる可能性が上がります。

子宮の病気の代表格は子宮筋腫です。子宮筋腫とは、その名のとおり、子宮に筋腫(しこり)ができる病気です。

赤ちゃんをお腹から出した後は、子宮がぎゅっと小さくなります。もし子宮に筋腫があった場合、そのときに筋腫も一緒に小さくなります。何度も出産していると、手術をする必要がなくなるぐらい筋腫は小さくなっていきます。

また、赤ちゃんにおっぱいをあげていると、乳がんになりにくいともいわれています。ですから、現代を生きるみなさんは、年配の人たちよりも、よりいっそう婦人科系の病気には気をつけてほしいのです。みなさんより上の世代は、「生理痛があったら痛みどめを飲めばいい」「生理不順が続くときもある」なんて考えているかもしれません。でも、世代によりまた違います。

生理痛や月経異常は、病気のサインのこともあります。生理痛は食事や生活などを工夫することにより軽くなりますが、もし自分がかなり重い、などの不安があったらぜひ医師に相談してみてください。正常な生理は、病気ではないひとつの証しになります。生理は自分の体のバロメーターです。しっかりと見つめましょう。

(※2021年4月時点のデータです)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT