イーロン・マスクの盟友が見通す2030年の世界

衝撃的な10年後の未来図とそれに備えた対処法

――2030年の日本はどうなっているでしょうか。

それは私の専門領域ではないが、日本は人と機械のコラボレーションの分野をリードしていけるのではないだろうか。これは個人あるいはより幅広い労働力に対するテクノロジーのサポートを扱う分野だ。

日本の人口は減少しており、それにともない労働力も減っているので、自動化やロボットに対するニーズは今後ますます大きくなっていく。日本はこの変革を率先して推し進め、AIによって人々はさらに生産的かつ充実した生活を送ることができ、テクノロジーのサポートにより人も企業も個々のニーズを満たし、夢やムーンショットを実現できるということを世界に示していける。

「教育」「結びつき」「機敏さ」が必要だ

――将来の危機に対処するにはどうすべきですか。

将来の危機に対処するための最も重要な方策は「教育」「結びつき」「機敏さ」だ。今のパンデミックは人類最初のパンデミックではないし、最後のパンデミックでもないでしょう。しかし私たちは、機敏に動ける社会をどう作るべきか、私たちの脆弱性はどこにあるのか、といったことについて以前より深く理解した。それにより、起業家や起業家精神を持つ人が問題に迅速に対処したり、誰よりも早く問題を予測し回避するのをサポートしたりすることができることを知った。

最終的に私たちが頼るべきは、私たち相互の結びつきです。この結びつきは、モノのインターネット(IoT)、350億台(すぐに1000億台になるでしょう)のデバイスが繋がったネットワークによってますます強固なものになっている。さらに5Gや衛星インターネットのStarlinkにより地球上のあらゆる人とモノが繋がるのだから、私たちは、センサーから収集されるデータに基づき目の前の問題を理解し、起こり得る危機を予見する能力を是非持たねばならない。

このような機敏かつ起業家的な思考とAIに基づく意思決定力、問題に先手を打って迅速に対応する能力を伸ばしていけば、それは将来、私たちの非常に大切な財産になるだろう。

『週刊東洋経済』特大合併号(4月26日発売)の特集は『「未来を知る」ための読書案内 ベストブック2021』です。
画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT