米主要500社の第2四半期、前年比6.1%増益

最新のトムソン・ロイター調査で明らかに

 7月11日、トムソン・ロイターの調査によると、米S&P総合500種指数採用企業の第2・四半期決算は、前年同期比6.1%の増益になる見通し。写真はニューヨーク証券取引所。8日撮影(2014年 ロイター/Brendan McDermid)

[11日 ロイター] - トムソン・ロイターの調査によると、米S&P総合500種指数採用企業の第2・四半期決算は、前年同期比6.1%の増益になる見通し。

これまで500社中27社が第2・四半期の業績を発表。利益は56%の企業がアナリスト予想を上回った。これは長期平均の63%を下回り、過去4四半期平均の67%も下回る水準。

第2・四半期の売上高は67%の企業がアナリスト予想を上回った。これは長期的な平均である61%、過去4四半期平均の55%を上回る水準。

2014年第2・四半期の1株利益について悪化、もしくは市場見通しを下回る予測を示した企業は99社、改善・市場見通しを上回る予測を公表した企業は24社となった。これを割ったネガティブ/ポジティブレシオ(99/24)は4.1。

500社の4四半期(14年第3・四半期―15年第2・四半期)の予想株価収益率(PER)は15.5倍。

7月14日から始まる週は、59社が第2・四半期決算の発表を予定している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT