テスラ、「技術窃盗疑惑」の中国籍元社員と和解

転職先の小鵬汽車は機密情報の入手を強く否定

小鵬汽車はテスラ元社員からの企業秘密の入手を強く否定している。写真は同社が4月に発表した新型EVセダン「P5」(小鵬汽車のウェブサイトより)

アメリカのEV(電気自動車)大手のテスラが、中国籍の元社員の曹光植氏が技術情報を盗んだとしてカリフォルニア州の裁判所に提訴していた事件で、テスラと曹氏が和解したことがわかった(訳注:訴訟の経緯は『中国・新興EV、テスラの技術窃盗疑惑で猛反発』を参照)。

同州北部地区連邦地方裁判所が開示した文書によれば、双方は4月16日、曹氏がテスラを退職後も同社の自動運転システムのソースコード(プログラムの設計図)を所持し続けたことを謝罪するとともに、テスラへの賠償に応じることに合意した。賠償の具体的な内容は明らかではない。

曹氏は2017年にテスラに入社し、コンピューター視覚科学の研究者としてニューラルネットワークの開発チームに所属。2019年1月にテスラを退職した後、中国の新興EVメーカーの小鵬汽車が自動運転システムの画像センシング技術の開発責任者としてスカウトした。

テスラによれば、その後の調査により、曹氏が2018年3月から12月にかけてソースコードを繰り返し複製し、合計30万件を超えるデータを個人のクラウド・ストレージにアップロードしていたことが判明した。2019年3月、テスラは企業秘密の窃盗を理由に曹氏を提訴した。

自動運転技術の開発の方向性に相違

裁判所にテスラが提出した資料によれば、曹氏は小鵬汽車からスカウトのオファーを受けた後もソースコードの複製をやめず、さらに小鵬汽車に転職後も複数の情報端末からソースコード・ファイルにアクセスしたという。テスラのイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)は自身のツイッターで、「小鵬汽車はテスラの自動運転技術を盗んだ」と繰り返し発言していた。

これに対して曹氏は2019年7月、(ソースコードの複製など)テスラの指摘の大部分を認める一方で、企業秘密を小鵬汽車に提供したり、小鵬汽車での技術開発に転用したりしたことはないと強く主張した。小鵬汽車もまた、問題の企業秘密の入手について強く否定していた。

本記事は「財新」の提供記事です

今となっては、テスラと小鵬汽車の自動運転技術は開発の方向性に相違が生じている。テスラの技術は視覚情報のコンピューター処理を中核に据え、車両にはカメラとミリ波レーダーだけを搭載。レーザー光を用いた3次元センサーの「LiDAR(ライダー)」は搭載していない。

一方、自動運転技術の開発企業の大多数は、LiDARを高度な自動運転を実現するために不可欠なハードウェアと位置付けている。小鵬汽車が4月14日に発表した新型EVセダン「P5」は、5台のミリ波レーダー、12台の超音波センサー、13台のカメラに加えて、2台のLiDARを搭載している。

(財新記者:劉雨錕)
※原文の配信は4月17日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT