「クラウンパトカー」が超お買い得価格の驚き

警ら用から捜査用までパトカーの価格を大調査

現在よく見かけるクラウンパトカーの最新モデルは、210系。2016年から配備が開始されている。ベースとなる市販車はすでに220系に移行しているが、パトカーは先代モデルが導入され続けている状況だ。

さて210系の市販モデルはハイブリッド仕様が主力になったものの、パトカー仕様は従来どおりNAのガソリンエンジンのみが導入されている。無線警ら車は2.5Lエンジンを搭載するロイヤルがベースで、交通取り締まり用は3.5Lエンジンを搭載するスポーティーなアスリートがベースとなっている。

ロイヤルがベースの210系クラウン警らパトカー。視認性に優れる昇降式の警光灯を備えている(写真:大塚正諭、有村拓真『平成~令和新時代 パトカー30年史』)
アスリートがベースの210系クラウン交通取り締まり用パトカー。警ら用と交通用でベース車のタイプが分けられたのは210系が初(写真:大塚正諭、有村拓真『平成~令和新時代 パトカー30年史』)

クラウンパトカーの価格

では気になる210系クラウンのパトカーの価格はというと、無線警ら車の場合で1台当たり約300万円、交通取り締まり用(覆面仕様)で約351万円となっている。2019年の落札情報では下記のとおりだ。

2019年3月 落札情報
無線警ら車 454台 13億6255万6920円(1台当たり約300万7000円)
無線警ら車(4WD)101台 3億3280万4160円(1台当たり約329万5000円)
2019年5月 落札情報
交通取り締まり用四輪車(反転警光灯)215台 7億5472万6500円(1台当たり約351万円)
2019年6月 落札情報
交通取り締まり用四輪車 284台 10億920万4900円(1台当たり約355万4000円)

この価格はパトカーに装着された装備品まで含めたもの。市販車の価格と比べてみよう。無線警ら車のベースとなっているロイヤルのほうは、廉価モデルの2.5ロイヤルが約388万円。交通取り締まり用四輪車(反転警光灯含む)のベースとなっているアスリートのほうは、3.5Sが約542万円、3.5Gが約630万円。

こうして見ると、クラウンパトカーは、ずいぶんお買い得な印象だ。とくに交通取り締まり用は、破格ともいえる価格だ。なお、導入される台数と1台当たりの価格は、そのときの計画や予算などの関係もあって、入札ごとに、毎回上下の変動がある。

210系クラウン交通覆面パトカー。ルーフから反転式警光灯を出して緊急走行を行っている(写真:大塚正諭、有村拓真『平成~令和新時代 パトカー30年史』)

ところで、210系クラウンパトカーは、2020年末をもって生産を終えている。順当にいけば後継となる220系クラウンのパトカーが今年後半から来年にかけてデビューするはずである。こちらの登場と価格も気になるところだ。

次ページ捜査用車両に格安車あり
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT