自分最優先で「生きたいというわがまま」の必要

寝たきりでも働ける「分身ロボットカフェ」始動

――オリィさんはこうした「ありがとう」を一方的に言い続けるような関係性の問題を解決したいのですね。

寝たきりでも働ける「分身ロボットカフェ」(写真:オリィ研究所提供)

私は「孤独の解消」をミッションにしているのですが、「孤独=1人でいること」ではないと考えています。私は孤独とは、「誰ともつながりを感じられず、この世界に居場所がないと思う状態」と定義しています。人が孤独に陥らず生きるためには、他者から「ありがとう」と言われ、自分も「ありがとう」と言える関係が必要です。私はOriHimeを通じて、その機会をたくさん創出していきたいと考えています。

どうやって自分を「生かすか」を最優先に考える

――番田さんは「ありがとうの負債」をつくらず、「生きること」を求め続けたのですね。

番田は学校に行ったことがなかったことが影響してか、わがまま言い放題のところがあったんです。「ここは遠慮するところだろう」とか「ここまでやってもらっては申し訳ないだろう」という感覚が、番田にはあまりなかったんですね。だから、私とも周囲ともぶつかることがたくさんありました。

とはいえ、障壁がありながらも絶対に諦めない心を持っていたから、発信を続け、私を見つけ、やりたいことを実現できたんです。もし、彼が空気を読むタイプだったら私たちは出会ってもいません。番田はあごを使って6000通以上メッセージを送っていましたが、その中の1人が私でした。

――番田さんと一緒に働く中でどのようなことを感じましたか。

番田は、誰かの役に立ちたいと人一倍思っていました。しかし、それは「人のために働きたい」という発想ではなく、「自分を生かすために誰かの役に立ちたい」という思いから。つまり、「自分を生きたい」からこそ、人の役に立ちたいと考えていたのだと思うのです。

私もこの考えに賛成です。もし、自分が人の役に立とうとするあまり、疲弊していくのであれば、それはしないほうがいい。まずは自分を生かすことを優先しないといけません。つい人は自己犠牲のもと、仕事をしてしまいがちです。しかし、われわれはどうやったら自分を殺さずに済むかを考えることを最優先にしたほうがいいと思うのです。

次ページ社会の中で助け合える仕組みを作る
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT