液晶パネルで世界出荷が1位、中国「BOE」の凄み

2020年の通期業績は大幅増収増益を記録した

液晶パネルでトップに上り詰めた中国BOE(写真は同社ウェブサイトより)

中国のパネル大手の京東方科技集団(BOE)は4月12日夜、2020年の通期決算を発表した。売上高は前年比16.8%増の1355億5300万元(約2兆2637億円)とアナリストの事前予想をやや下回ったものの、純利益は予想を大きく上回り前年比2.62倍の50億3600万元(約841億円)と大幅増益を記録した。

さらに直近の2021年1~3月期の同社の業績予想によると、純利益は50億元(約835億円)から52億元(約868億円)に達し、前年同期比で8.82倍から9.18倍となる見込みだという。

BOEは1993年の設立で、調査会社のオムディアによると、2020年の液晶パネルのトータル出荷台数は世界第1位、フレキシブル有機ELパネルも世界2位に上り詰めた。

好業績の背景にパネルの価格上昇

BOEをはじめとした業界各社のパネル出荷量は堅調だ。ディスプレー業界市場調査会社のシグマインテルによると、2020年の全世界のパネル生産高は前年比13%増の1146億ドル(約12兆5418億円)で、出荷量は5%増だった。

この背景にはパネルの価格上昇がある。2020年は7~12月の半年間で値上げの波が押し寄せ、一部品目では過去10年間で最も長い高値の期間を記録した。

本記事は「財新」の提供記事です

BOEのパネルの2020年の通期の販売量は前年比18%増で、そのうちフレキシブル有機ELパネルの出荷は2倍となった。BOEによれば、四川省成都市にある同社のアクティブマトリクス式有機EL(AMOLED)の生産ラインが効率化したことと、同省綿陽市のAMOLED生産ラインも量産を開始したことが、今回の出荷増につながったという。

2021年の年初には、BOEのフレキシブル有機ELパネルがアップルの認証を通り、同社はアップルにおいてサムスン電子、LGに次ぐ3社目のフレキシブル有機ELパネル・サプライヤーとなった。このニュースは業界関係者の間でも大きな話題になった。

財新記者がBOEをよく知る業界関係者に取材したところ、同社がアップルのiPhone12用パネルの納入をすでに開始していることが判明。iPhone13用のパネルもすでにサンプル提供を終え、評価待ちの状況にあるという。

(財新記者:翟少輝)
※原文の配信は4月13日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT