感染者激減した「イギリス」から日本が学べる事

効率的とはいえない国でワクチン接種進んだ訳

現在は、ファイザー、アストラゼネカ、アメリカのモデルナ製ワクチンが使用されており、そのほかのワクチンもまもなく医療当局から認可を受け、接種段階に進む見込みだ。

ワクチンを確保しても、それを人々の腕に注入できなければ、意味がない。この部分を担ったのが、国営の「国民保健サービス(NHS)」である。家庭医(GP)と病院体制を組み合わせるサービスで、診察料は無料だ。数万人規模のボランティアを募り、NHSの運営を助けた。接種場所は、家庭医がいるクリニック、病院、薬局、特設会場の他に市民会館、学校、教会など多岐にわたる。

ワクチン予約はとても簡単だった

イギリスに住む人は、ワクチンを受けるためにまずNHSからの連絡を待つよう言われた。1月に1回目を接種した家人の場合、自宅に電話をもらった。「来週のこの日に、クリニックに来れますか?」という内容だった。

筆者には、3月、手紙が届いた。政府の特設ウェブサイトにアクセスし、1回目と2回目の接種場所と日時を予約するように、という指示だった。予約は非常に簡単で、自宅の郵便番号を入れると、近くの接種場所のリストが出るので、その中から好みの場所を指定するようになっていた。

ワクチン接種でもらえるカード(右)とパンフレット。カードの裏には名前、ワクチンの開発メーカー、日時などの情報が記されている(筆者撮影)

当日、接種場所となった薬局に行くと、すでに何人もの人が並んでいた。マスクをつけて中に入り、自分の番がくると、袖をまくって打ってもらう。接種後は15分ほど、薬局内にとどまった。懸念されるようなアレルギー反応などが出ないかどうかを見るためだ。15分経ち、「接種済み」と書かれたカードをもらって、帰宅した。

2日ほどは疲労感があったが、その後、体調は通常どおりとなった。接種時にどのような副作用がありうるかなどの情報が入ったパンフレットをもらえるので、これを読むと安心できた。

イギリスで開発された、アストラゼネカ製ワクチンをめぐっては安全性を問題視する向きもある。特にヨーロッパ中心にその懸念が表明されており、デンマークでは一切の利用を停止している。ほかのいくつかのヨーロッパ諸国では高齢者に対象者を絞った。

次ページアストラゼネカ製を打ったが…
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT