ホンダ「新型ヴェゼル」は本当に売れるのか?

正式発表された機能や価格、進化を徹底考察

新型ヴェゼルのヘッドライト(筆者撮影)

また、2km/h〜約10km/hの低速走行や後退時に、壁など障害物との衝突回避や被害軽減の支援を行う「近距離衝突軽減ブレーキ」、誤って後方に急加速することを防ぐ「後方誤発進抑制機能」、ハイビームとロービームを自動で切り替える「オートハイビーム」を新たに追加。先代の全8機能から全11機能に拡充されている。

先代に比べて価格は微増、その差をどう見るか?

さまざまな改良や新機能の追加が施されたヴェゼルだが、最後に気になる

新型ヴェゼルのリアビュー(筆者撮影)

価格をチェックしてみよう。新型の税込価格はハイブリッド車e:HEVが265万8700円~329万8900円で、ガソリン車Gは227万9200円~249万9200円だ。対する先代モデルの税込価格は、ハイブリッド車が250万5555円~361万7900円で、ガソリン車のNA(自然吸気エンジン)仕様は211万3426円~252万833円、ターボ車は295万6800円~352万8800円だった。

新型は、全体的に先代より価格が上がっており、先代で最も売れ筋だったグレード、ハイブリッド車のHYBRID Z・Honda SENSINGの税込価格がFF車276万186円、4WD車298万186円。新型で同様のグレードとなるe:HEV Zの税込価格がFF車289万8500円、4WD車311万8500円だから、いずれも13万8000円ほどアップしている。

ホンダ車を扱う某販売ディーラー担当者は、「メーカーは頑張って価格を抑えた」と語る。同担当者は「ハイブリッドシステムが2モーターとなり、予防安全装備など多くの機能が増えたため、価格はもっと上がることを予想していた」という。だが、思ったほどの値上げ幅ではなかったことで、「これなら顧客にも納得してもらえるだろう」と安堵したそうだ。ディーラーには、実際に発売前から多くの問い合わせが寄せられており、とくに先代モデルを所有するユーザーが乗り換えを前提に新型に興味を示している。

以上のように価格面から見ても、いかにホンダが新型ヴェゼルに注力しているのかがよくわかる。2020年に約243万台を販売した国内の登録車市場において、SUVは約71万台を販売し、全体の29%を占めた(ホンダ調べ)。中でも、近年コンパクトSUV市場は、前述したとおり、トヨタのヤリスクロスやライズをはじめ、日産のキックスなど各自動車メーカーが続々と新型車を投入する超激戦区だ。そういったジャンルの先駆者であり、かつては代名詞的な存在だったヴェゼルの復権なるか、今後の動向に注視したい。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT