農業ビッグバンの経済学 山下一仁著

農業ビッグバンの経済学 山下一仁著

農政は「票」、それも票数の多い兼業農家肩入れの政策選択が続く。民主党も新たに「戸別所得補償」の導入に向け動き出した。農業保護はいわば世界各国どこでも行われている。アメリカやEUも直接支払いへと保護の構造を転換。しかし、日本の場合は価格支持政策中心を変えず、それに今回は将来展望なき「補助金」が上乗せされる。

日本の農業衰退は、政策の失敗の積み重ねによることが、あらためて本書で明らかにされる。そしてまた、中途半端な政策に動く。

著者は、焦点のコメの「減反(生産調整)という価格維持カルテルを段階的に廃止し、米価を需給均衡価格まで引き下げれば、兼業農家は耕作を中止する。一定規模以上の主業農家に耕作面積に応じた直接支払いを交付し、地代支払い能力を補強すれば、農地は主業農家に集まり、コストは大きく下がる」など、説得的かつ具体的な政策を提案。

本書を下敷きにした抜本的な改革が待たれる。

日本経済新聞出版社 1995円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。