農業ビッグバンの経済学 山下一仁著

農業ビッグバンの経済学 山下一仁著

農政は「票」、それも票数の多い兼業農家肩入れの政策選択が続く。民主党も新たに「戸別所得補償」の導入に向け動き出した。農業保護はいわば世界各国どこでも行われている。アメリカやEUも直接支払いへと保護の構造を転換。しかし、日本の場合は価格支持政策中心を変えず、それに今回は将来展望なき「補助金」が上乗せされる。

日本の農業衰退は、政策の失敗の積み重ねによることが、あらためて本書で明らかにされる。そしてまた、中途半端な政策に動く。

著者は、焦点のコメの「減反(生産調整)という価格維持カルテルを段階的に廃止し、米価を需給均衡価格まで引き下げれば、兼業農家は耕作を中止する。一定規模以上の主業農家に耕作面積に応じた直接支払いを交付し、地代支払い能力を補強すれば、農地は主業農家に集まり、コストは大きく下がる」など、説得的かつ具体的な政策を提案。

本書を下敷きにした抜本的な改革が待たれる。

日本経済新聞出版社 1995円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT