超一流の人がドラッカーの愛読を欠かさない訳

視座の低い人に知ってほしい「3つの顔」

ドラッカーは、事業の目的とは顧客創造であり、企業の機能はマーケティングとイノベーションであると定義しました。そして、事業と利益について次のように書いています。

「事業は利益の観点からは定義も説明もできないということである。事業体とは何かを問われると、たいていの企業人は利益を得るための組織と答える。たいていの経済学者も同じように答える。この答えは間違いなだけではない。的外れである。(中略)もちろん、利益が重要でないということではない。利益は、企業や事業の目的ではなく条件なのである。また利益は、事業における意思決定の理由や原因や根拠ではなく、妥当性の尺度なのである」

ドラッカーは、『マネジメント:課題・責任・実践』の中で、マネジメントを「組織に成果をあげさせるための道具、機能、機関」と定義しています。

今日の社会は、組織社会として極度に多元化し、経済的な財とサービスの提供、医療、福祉、教育、知識の探求から環境の保護まで、社会的課題のほとんどが専門の社会的機関に委ねられています。

こうした観点から、すべての組織を社会の機関として位置づけ、社会、コミュニティー、個人という顧客のニーズを満たすために存在しなければならないとしています。

つまり、組織が社会やコミュニティー、個人のニーズを満たすというミッションを達成し、その成果を上げるために存在するのがマネジメントだというのです。

マネジメント層に求めた3つの役割

ドラッカーは、組織を運営するマネジメント層が組織を機能させ、貢献へと導くには、

「自らの組織に固有の目的と使命を果たさせる」

『読書大全 世界のビジネスリーダーが読んでいる経済・哲学・歴史・科学200冊』(日経BP社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

「仕事を生産的なものにして、働く人たちに成果をあげさせる」

「自らの社会的インパクトを管理し、社会的責任を果たす」

という3つの役割を果たさなければならないとします。

そして、その唯一の目的である顧客創造のために企業が持つべき機能は、マーケティングとイノベーションの2つだけだとします。

マーケティングとは、顧客のニーズを探り対応する製品やサービスを提供する機能で、イノベーションとは、顧客の新しい満足を作り出していく機能です。

この2つを有効に機能させることが、マネジメントの最重要課題だということです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT