東武大師線、乗車2分の「超ミニ路線」に長い歴史

わずか1km、巨大無人駅へ「草だんご列車」が走る

大師前駅のホーム。多く初詣客が押し寄せても対応できる広さだが無人駅だ(筆者撮影)
この記事の画像を見る(20枚)

鉄道路線というものは、だいたいが寺社の参拝客のために作られた。

――とのっけから言い過ぎだが、とにかく寺社参拝客を運ぶために開業した路線は多い。例を挙げればJR総武線や成田線、そして京成本線などは成田山新勝寺、京急のルーツでもある大師線は川崎大師への参拝客のための路線だ。

このように、寺社へのアクセスは鉄道開業の大きな理由のひとつであった。そして、それらは、令和の時代になっても参拝客を運ぶことを主たる役割としている。たとえば、今回訪れた東武大師線である。

わずか1kmのミニ路線

東武大師線は西新井―大師前間、東武スカイツリーラインから分かれてわずか1.0kmの短い路線だ。駅は起点と終点の2つだけ。そしてその終点、大師前駅のすぐ目の前に西新井大師(總持寺)がある。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

「ですから参拝の駅として、年末年始や毎月21日の縁日などではたくさんのお客さまでにぎわう路線です。まあ、ここ1年はちょっと新型コロナの影響で参拝のお客さまがだいぶ減ってしまっているんですけれど……」

こう話してくれたのは、西新井駅長を務める東武鉄道北千住駅管区の副管区長、神崎和幸さんだ。

「特に12月21日の縁日と1月21日の初大師、そしてその間の初詣ですよね。これがほんとうにたくさんのお客さまに来ていただける。西新井駅が大師前駅も管轄しているものですから、この期間はほとんどが大師の対応でフル稼働になるんです」

次ページ正月はどれくらい混雑?
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT