欧州で2位「プジョーのSUV」が大ヒットする訳

SUVらしさ+フランス車らしさ=洗練の仕上がり

プジョー「2008」がヨーロッパ乗用車販売台数で月間2位を記録した(写真:STELLANTIS)

今年2月のヨーロッパの乗用車販売台数ランキングは、ちょっとした驚きだった。1位がプジョーのBセグメントハッチバック「208」で、2位に同じプジョーのBセグメントSUVの「2008」が入ったからだ。

トップ2をプジョーが独占するのもすごいが、SUVが2位に入るというのもハッチバックが根強い人気のヨーロッパでは異例であり、現地でプジョーのSUVが高く評価されていることを教えられた。なぜ人気なのだろうか。

理由の1つとして考えられるのは、ヘビーデューティではないクロスオーバー的なSUVの中では、キャリアが比較的長いからだろう。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

現在、プジョーのSUVは、2008以外に「3008」と「5008」がある。最初に登場したのは3008で、日本に導入されたのは2010年。2代目となる現行型は2017年にわが国で発売された。

同じ年には、初代はミニバンだった5008が、この2代目3008と基本設計を共有する3列シートSUVに生まれ変わっている。そして今年、2台ともにマイナーチェンジを実施した。一方の2008は、2013年に日本で発表。翌年販売が始まり、2020年に現行の2代目に進化している。

初代3008が日本で発売された2010年というと、日本メーカーのSUVでは日産「ジューク」がデビューしており、2008が上陸した2013年にはホンダ「ヴェゼル」も登場した。コンパクトSUVのパイオニア的存在である2車種と同等の経歴の持ち主なのである。

「砂漠のライオン」の異名を持つ活躍も

プジョーといえば、モータースポーツでの活躍も見逃せない。

1980年代にはWRC(世界ラリー選手権)で2年連続メーカーとドライバーのダブルタイトルを獲得。続いて参戦したパリ~ダカール・ラリーでは、4年連続総合優勝を記録し「砂漠のライオン」の異名をとった。近年もダカール・ラリーで2016年から3連覇を達成。サーキットでの活躍もあるが、オフロード系にめっぽう強い。

フランス生まれらしい洗練されたデザインも、プジョーSUVの人気の源泉だと思っている。ただし、この面については2008/3008ともに、先代と現行型とでは方向性が大きく異なる。現行型になって形を一新したことが、好調につながっているようだ。

次ページコンパクトでも力強い“造形の妙”
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT