富士通は信用回復できるのか、露呈した企業統治への甘い認識


 北米でのリコール騒ぎや違反金支払いなどが相次ぐトヨタ、相も変わらぬ電力会社の原発事故隠しと、頻発する大企業の不祥事に、企業社会への信頼は大きく揺らいでいる。

ガバナンスの仕組み構築は、信頼確保のための最低限の枠組みにすぎない。それをきちんと運用する人間がいなければ意味がない。ガバナンスに対する社内意識を高めるのは、担当者の努力だけでは不可能だ。経営トップがどれだけ真摯に取り組むか、にかかっている。耳の痛い意見を言う部下を粛清するような組織では、いずれひずみが出る。

ある財界の重鎮の言葉を借りれば、「人格の高潔な者には地位を。功績ある者には報奨を」。

昨今の経営トップ交代会見で語られる新社長人選の理由の多くは「実績」であり、人格が語られることはまずない。そこから変えていかないかぎり、本当の信用回復は困難と言わざるをえない。
(シニアライター:小長洋子 =週刊東洋経済 撮影:梅谷秀司)

人気記事
トピックボードAD
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 家族会議のすすめ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
銀行 破壊と再生

リテール部門が苦境に陥るメガバンク。偽りの優等生・スルガ銀行では不正が蔓延。金融庁新長官曰く「ビジネスモデルを変えていく自主性が感じられない」。変革へのラストチャンス。