14時頃に眠くなる人を襲う睡魔の正体【動画】

「ランチが午後に眠くなる要因」というのは誤解

あなたは「日中眠くなる」悩みを抱えていませんか?

しっかり寝たはずなのに眠いことも

それもたとえば6時間以上とか、しっかり寝たはずなのに睡魔に襲われるケースがあります。

『スタンフォード式 最高の睡眠』(サンマーク出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

たとえば、お昼過ぎの14時ごろにやってくる「眠気」を経験したことがある人は少なくないはずです。

よく、「お昼ご飯を食べると、その消化のために胃や腸に血流が集まり、脳に行く血流が減るので眠くなる」といわれていますが、それは本当でしょうか。

一度、襲われてしまうと仕事の能率もガクンと下がってしまう睡魔の正体とは?

スタンフォード大学医学部教授の西野精治さんの著書『スタンフォード式 最高の睡眠』を読み解き、5分の動画にまとめました。

ぜひご覧ください。

日中、急にやってくるあの眠気の原因とは?(写真:佐藤末摘/PIXTA)

(再生時には音量等にお気をつけください)

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT