表玄関からのゴルフ

プロゴルファー/青木 功

 少し前のことなんですが、知人で焼き鳥屋の親父がゴルフに行くって言うんで、「まあ、十分楽しんでこいや」と言ったら、親父が「いつもはどこからでも大胆に攻めすぎだから、明日はピンをデッドに狙わないでワンクラブ短いクラブを持って、手前から謙虚にボギーペースで攻めてみる」と。「親父、結構ゴルフが上手くなったね」、「それが18ホールすべてできたらね」と、最後に一言付け加えたんですが。

結局、5番ホールに行ったら自分との約束を忘れ、ピンの根元を狙ういつものゴルフになってしまい100を切れなかったらしい。ゴルフって前日の計算どおりにはいかないから、面白いんだね。
 でも、その親父の気持ちを十分理解できるんです。多分、1番、2番、3番ホールは、前日に「ピンに届かないクラブを持つ」、そう決めていたので、心の中から気負いが消えていたんだろうね。ご説明するまでもなく、体から力みが消えて体がスムーズに回転、ボールは思いのほか飛んだりして、ピンの手前に置くつもりがピンに絡んだりするものなんです。
 すると、「あれ、今日はいつになく調子がいいな、これだったら次のホールからピンをデッドに狙ってみるか」と、そんな錯覚に陥ります。心に力みがない場合と、欲の塊になったときのショットの差は歴然と表れます。
 ホールを重ねるごとに、今までのいいショットが嘘のようにボールは飛んでくれません。「こんなはずじゃない、こんなはずじゃない」、そう思いながら一日が終わってしまうのです。そんな失敗は、なにもアマチュアゴルファーの専売特許ではありません。現に、プロの私も。その例を挙げますが、思い出すのも恥ずかしい試合だから、1990年頃のある試合と書いておきましょう。

その試合は最終日最終組で回っていたのですが、最終18番ホールに私が来たときは、3アンダーでトップタイ、相手の選手はすでにホールアウト。私が18番のロングホールでバーディを取ると優勝、パーでプレーオフという場面でした。
 私の第3打はグリーン手前から30ヤードのアプローチ、普通に打てばワンピン以内に寄せられる位置です。多くの方々はアプローチの名手と言われる私がピンに絡むようなアプローチで勝負を決める、そう思ってくれたに違いありません。
 実はプレーヤーの私も、ボールを打つ前にそう思ってしまいました。「プレーオフにいくのは面倒だからな」。次のパットでなく、このアプローチで勝負を決めようとした私は、そのボールをザックリ、グリーン手前のバンカーに落としてパーにもならず、優勝を逃がした経験があります。

「ピンの手前に表玄関から攻める」。これを一日守れるプレーヤーは、ゴルフを結構知っている人だと私は思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。