「ドラマ主題歌を最も担当した歌手」トップ5

1位は「あの超国民的人気アイドルグループ」

2位 サザンオールスターズ(桑田佳祐・原由子含む) 22曲

実は筆者が、トップ1に本命視していたのが、このサザンオールスターズでした。

1991年以降で彼らの最初のドラマ主題歌は、中井貴一主演『ふぞろいの林檎たちⅢ』(TBS系/1991年)の「いとしのエリー」。これは1983年の第1シリーズからの継続で、1997年の第4シリーズでも引き続き使用されています。

以後、賀来千香子主演『ずっとあなたが好きだった』(TBS系/1992年)の「涙のキッス」、奥山佳恵主演『悪魔のKISS』(フジテレビ系/1993年)の「エロティカ・セブン」、香取慎吾主演『透明人間』(日本テレビ系/1996年)の「愛の言霊~Spiritual Message」、松嶋菜々子主演『Sweet Season』(TBS系/1998年)の「LOVE AFFAIR~秘密のデート」。

2000年代は、岸谷五朗主演『神様のいたずら』(フジテレビ系/2000年)の「この青い空、みどり 〜BLUE IN GREEN〜」、滝沢秀明主演『僕だけのマドンナ』(フジテレビ系/2003年)の「涙の海で抱かれたい〜SEA OF LOVE〜」、西島秀俊・香川照之主演『流星ワゴン』(TBS系/2015年)の「イヤな事だらけの世の中で」、そして賀来賢人主演『ニッポンノワール~刑事Yの反乱~』(日本テレビ系/2019年)の「愛はスローにちょっとずつ」まで、サザンオールスターズとして14曲のドラマ主題歌を提供。

さらに、桑田佳祐として、1994年の中山秀征主演『静かなるドン』(日本テレビ系)に提供した「祭りのあと」、山下智久主演『プロポーズ大作戦』(フジテレビ系/2007年)の「明日晴れるかな」、有村架純主演の朝ドラ『ひよっこ』(NHK総合/2017年)の「若い広場」など5曲。

また桑田夫人=原由子も1997~1998年の佐藤夕美子主演の朝ドラ『甘辛しゃん』(NHK総合)の「涙の天使に微笑みを」(朝ドラ主題歌は、原坊のほうが先だったんですね)など3曲ありますので、合計22曲です。

1位は小田和正、山下達郎、ユーミンではない

残すところ、後はトップ1の発表だけとなりましたが、他の気になるアーティストについても言及しておきましょう。

冒頭に、ドラマ主題歌=ヒット曲の先鞭をつけたとご紹介した「ラブ・ストーリーは突然に」の小田和正はというと……中居正広・常盤貴子主演『最後の恋』(TBS系/1997年)の「伝えたいことがあるんだ」、深津絵里主演『恋ノチカラ』(フジテレビ系/2002年)の「キラキラ」、比嘉愛未主演の朝ドラ『どんど晴れ』(NHK総合)の「ダイジョウブ」、二宮和也主演『ブラックペアン』(TBS系/2018年)の「この道を」など、合計16曲でした。

個人的な印象では、サザンオールスターズと並んで多いかなと思っていたのが、山下達郎。

1991年以降では、沢口靖子主演『赤ちゃんが来た』(NHK総合/1994年)の「LAI-LA-邂逅」が最初(それ以前にも数曲あります)。その後も、松嶋菜々子主演の朝ドラ『ひまわり』(NHK総合/1996年)の「DREAMING GIRL」、草彅剛主演『先生知らないの?』(TBS系/1998年)の「いつか晴れた日に」、香取慎吾主演『薔薇のない花屋』(フジテレビ系/2008年)の「ずっと一緒さ」、木村拓哉主演『グランメゾン東京』(TBS系/2019年)の「RECIPE」など、元SMAPの方々との相性もよく、13曲。

次ページ1位は「活動休止した」あの人気グループ!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT