アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

「本当の自由を手に入れる お金の大学」連続1位

年度替わりで読まれたビジネス書はどんな本なのでしょうか?(写真:rainmaker/PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、3月28日~4月3日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

ハンセン著『スマホ脳』が2位

今週(3月28日~4月3日)のランキングでは、前週も1位だった『本当の自由を手に入れる お金の大学』(両@リベ大学長著、朝日新聞出版)が3週連続して1位に輝いた。アマゾンによると、特定の要因はなく、安定して注文が入っているという。

『本当の自由を手に入れる お金の大学』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位には、前週も2位だった『スマホ脳 (新潮新書)』(アンデシュ・ハンセン著、新潮社)がランクインした。アマゾンによると、特定の要因はなく、安定して注文が入っているという。

3位には、前週6位だった『「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。』(藤吉豊著、日経BP)がランクインした。電車内広告が影響している模様だ。

前週201位から30位へ順位が急上昇したのが、『読書大全 世界のビジネスリーダーが読んでいる経済・哲学・歴史・科学200冊』(堀内勉著、日経BP)だった。発売開始が影響している模様だ。

次ページ以降、197位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1~50位!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT