リーダーシップに必要なのは理性より楽観主義

心理学と脳科学に見るリーダー像のつくり方

モノを買ったり、投資をしたりするときに、金額が同じであればその価値は一緒だ。そうでなければおかしいとふつうは思う。それに対してカーネマンは、一見非合理的だが、利益よりも損失のほうに強く反応することを実験的に示し、プロスペクト理論を構築した。

得と損では、額は同じでも、意味は違う。われわれには、「儲けたい」「得をしたい」という気持ちよりも、「損をしたくない」という気持ちが強く働くものなのだ。

同じように、心理学では、ポジティブな出来事よりも、ネガティブな出来事に強く反応し、記憶にも残りやすいことが知られている。不安や恐怖を感じることは、喜びや期待を感じることより、われわれを動かす力が強い。

これまで進化心理学が明らかにしてきたことが、この1つの事実である。目の前にあるリスク(危険)やトラブルに注意を向けるほうが、サバイバルには都合がいい。

人間には、快楽や報酬に反応する神経系(側坐核【そくざかく】を中心とした快感中枢)と、不安や恐怖が支配する神経系(扁桃体【へんとうたい】を中心とした恐怖中枢)が、別々の脳の仕組みとして成り立っている。

オックスフォード大学のエレーヌ・フォックスは、それを「サニーブレイン」(お天気脳・楽観脳)と「レイニーブレイン」(雨降り脳・悲観脳)と呼んだ。要するに、人間の頭のつくりでは、楽観をつかさどる脳と、悲観をつかさどる脳が、機能分化しているのだ。

リーダーは楽観主義であるべき

悲観は往々にして楽観に勝る。不安や恐怖は、われわれの行動を支配する。その力は予想以上に強く、楽観の3倍以上の力で、人々の行動をコントロールする。

だから、いつもミスやリスクに目が行ってしまう悲観的リーダーが上に立ったら、その組織は悲劇である。危機感によるマネジメントという言葉がはやったが、社員の危機感をあおることは、結局、組織全体に染みわたっている悲観をさらに強めてしまう。まるで、感染症のようなものだ。

だから、リーダーは楽観主義でなければならない。リーダーたるもの、景気がよくても悪くても悲観的になりがちなメンバーに向かって、その悲観を打ち消すほどの、圧倒的な楽観の持ち主でなければならないのである。悲観の感染を断ち切るには、リーダーシップがいる。

管理するのはマネジャーの役割であって、リーダーに求められる資質ではない。マネジメントとリーダーシップは、何かと一緒くたにされてしまうが、組織で上を目指そうとする人には、ぜひとも区別してほしいものだ。

次ページ悲観的な脳でも訓練の仕方で楽観的な脳に変わる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT