リーダーシップに必要なのは理性より楽観主義

心理学と脳科学に見るリーダー像のつくり方

なぜリーダーには楽観主義が似合うのか?

楽観主義と悲観主義という特徴あるものの見方によって、楽観脳と悲観脳が動かされ、予想どおりのいい結果と予想どおりの悪い結果がもたらされる。

楽観的なものの見方をする人は、快適さや希望に反応するポジティブな脳の中枢が喚起されやすく、その結果、いい出来事を呼び込むことが多くなる。反対に、悲観的なものの見方をする人は、不安や恐怖といったネガティブに脳の中枢が支配されやすく、結果として、よくないことばかりに遭う。

なんということだろうか! 楽観と悲観のものの見方が、それぞれ自己成就して、予想どおりの結果となって現れる。脳が晴れていればいいことが起こり、脳に雨が降っていれば悪いことばかりが起こるなんて、なんとも不思議だ。

心に描いたとおりになる

リーダーは、まだ見ぬ未来に向けて、人を導いていかなければならない。その道は険しいし、ついてくる人たちも、不安や心配で心がいっぱいだろう。そんなときでも、みんなを励まし、自分が描いた未来に向けて、一致団結して進んでいかなければならない。だから、リーダーはバカバカしいほど楽天的で、周りを元気づけるパワーが欲しい。

楽観性はリーダーシップに欠かせない要素である。それは生まれつきの性格みたいなものだから、「心配性の私には、とってもムリ」と思ってしまう。ただし、そんなに悲観的にならないように。性格は変わるというのが、現代の心理学では主流の考え方だ。

頭に浮かんだ考えやイメージに、楽観的なラベルづけをすれば、悲観中枢である扁桃体の働きを抑えることができる。悲観的な人でも、認知のトレーニングによって、楽観的に変わっていく。悲観的な脳であっても、訓練の仕方で、楽観的な脳に変わることをお忘れなく。

もちろん、ビジネスでは直感というのは分が悪い。ロジカルに物事を考え、理性的に判断していくのがベストという考え方が支配している。直情的でいつも熱く語りかけ、高い理想に向かって周りに働きかけるような人は、うっとうしがられるだけだ。

反対に、人間味には欠けるが、金銭的感覚とリスクにはきわめて明るく、つねに沈着冷静で理性的に物事を判断できる人を、組織では尊重してきた。

会社組織であれば、ふつう、auのCMに出てくる「意識高すぎ!高杉くん」より、「細かすぎだよ!細杉【こますぎ】くん」のほうが一目置かれている(松本さんは別だ)。しかし、高杉くんがいなければ、将来の組織もビジネスも立ち行かなくなってしまう。そんな高杉くんの姿に、リーダーシップが重なって見える。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT