コロナに負けない金持ち企業トップ10【動画】

不況になっても簡単には揺るがない財務基盤

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、経済的に大きなダメージを受けている業種や職業の方がいます。

企業レベルでいえば倒産が相次いでいますがその要素とはなんでしょうか?

最後はお金がモノを言う

もちろん本業が不振なら追い込まれていきますが、最後はお金がモノを言います。企業にとってそれだけお金は大事なのですが、どんな会社が不況時に強いのでしょうか?

今回は2020年12月5日に配信した『コロナに負けない「金持ち企業」最新トップ500』より、そんな金持ち企業のうち、日本のトップ10を動画でご紹介します。

詳しくは動画をぜひご覧ください。

(再生の際は音量などにご注意ください)

ニッポンの金持ち企業は優良会社ばかりだ(撮影:梅谷秀司、尾形 文繁、今井 康一)

(再生の際は音量等にお気を付けください)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT