コンサルが重宝「おでん図」のスゴい力【動画】

7分で解説、眺めていると気づきを得られる訳

なぜか議論がうまくかみ合う「おでん図」の力とは?(写真:eringo/PIXTA)

コンサル業界には「ポンチ絵」という業界用語があります。議論を整理するための簡単な図、概念図のことです。

コンサルも使う「おでん図」のポイントを7分動画で解説

人に見せるための図ではなく、自分を含めその場にいる人の思考を
可視化・整理する「ポンチ絵」は一見ただの落書きのようにも見えますが
眺めていると新たな気づきを得られるという力があります。

『武器としての図で考える習慣:「抽象化思考」のレッスン』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

その1つが「おでん図」です。おでんに似た形のポンチ絵です。

東洋経済オンラインでは「見て聞くだけでわかる経済ニュース」をコンセプトに、YouTube公式チャンネルでさまざまなテーマの動画を制作・配信しています。

今回は、『武器としての図で考える習慣:「抽象化思考」のレッスン』(東洋経済新報社)から2021年2月15日に配信し、大きな反響を呼んだ「トップコンサルも重宝!『おでん図』のすごい力」を基に、気付くと問題解決の道筋が見えてくる「おでん図」のポイントを7分動画で解説しています。

詳しくは下記の動画をご覧ください(※再生の際は音量等にお気を付けください)。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT