子供の貧困が小学校教師を激しく疲弊させる訳

小学校は変わりゆく日本の矛盾の縮図である

本調査をより詳しく知りたい方は、Thanks Caregivers Project(https://welcome.thanks-caregivers-project.jp/)を参照ください

一方、生徒・児童在籍数(学校規模)、中学校とは有意な差は見られなかった。中学校で有意差が見られなかった理由は、平均週7時間を超える放課後活動時間の影響によるもので、ほかの活動が有意な差として出てこなかったためだ(この調査は新型コロナウイルス流行前の2019年1月に実施された)。

夢だった教師になったけど来世は違う職業を選ぶ

この労働時間の違いは、どこから生じているのだろうか。

調査では「授業準備」「共同作業」「生徒指導」「保護者対応」など、教員の標準的な仕事については、統計的に有意な差は認められなかった。子どもの貧困と教員の労働時間に統計的に有意な差があったのは、「個人的な物品支援」(教師が自腹で文房具等を用意する)「家庭内の人間関係への相談に乗る」「経済的な問題の相談に乗る」といった項目である。

小学校教員は中学校教員と違って、「子どもの世話」をする時間が多いことが知られている。小学校の校長を務めたことのある永原睦美さん(仮名)が証言する。

「貧困家庭はひとり親の場合が多く。親は朝早くから働きに出る家庭がほとんどです。そのため親の目が届かず学校をさぼったり、不登校になったり。問題行動に走ったりする子どももいます。そうなれば、その家庭や子どもたちに対して、対応が必要になってきます」

貧困家庭が増えれば、こういう対応や時間が増えていくことになる。実際に、貧困が理由で朝食を食べてこない児童のために、週に1、2回校長室で朝食を出しているケースは枚挙にいとまがない。

近年、学校に対する親の期待も過大になってきており、こちらへの対応も強いられる。「教員になることは、幼い頃からの夢であり、現在教員として働いていることに後悔はしていませんが、来世、違う人生を歩むとしたら、きっと別の仕事をしていると思います。それぐらいハードな毎日を教員みんなが送っています」(小学校教諭の古沢隆介さん・仮名)と、悲鳴にも諦めにも似た声が上がっている。

次ページ対策はあるのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT