初心者でも美味に「濃厚ポテトサラダ」の作り方

酒肴や家庭の総菜の定番、ポイントは3つ

“週末すし屋”の料理研究家として知られる野本やすゆきさんが、料理初心者の男性向けに「モテる」「デキる」レシピをご指南! 今回は「ポテトサラダ」です(写真:吉澤健太)
この記事の画像を見る(17枚)
「男子厨房に入らず」と言われたのも今は昔。最近は「弁当男子」も、週末ともなれば腕を奮ってホムパやキャンプ……という料理上手な男性もたくさんいます。でもその一方で、まだ「インスタントラーメンしか作れない」という方もある一定数いるのも真実。 
そこででは“週末すし屋”として注目されている料理研究家、野本やすゆきさんに、初心者でも作れて、自分で食べておいしいのはもちろん、一緒に食卓を囲むお連れさまにも「すごい!」と言ってもらえるレシピをご指南いただきます。料理はいまどき男子必携のモテツールであるものの、万遍なく何でも作れる必要はありません。数品のキラー料理を作れるよう、腕を磨いておきましょう。

酒場で、さまざまな酒肴が短冊に書かれてぶら下がっていますが、その中で「ポテトサラダ」「ポテサラ」「マカロニサラダ」「パスタサラダ」……この類はつい注文してしまうのですよね。おそるべし、マヨネーズの引力。

本記事はLEON.JPの提供記事です

家庭で作るお総菜の定番でもありますが、今回はちょっと男らしく、ストロングスタイルのポテサラを野本さんに教えていただきました。ポイントは3つ。じゃがいもにインカのめざめを使用し、蒸すことと、ハムではなくカリカリに炒めたベーコンを使用すること。ねっとりと甘く、濃厚なポテサラを目指します。

「ポテトサラダ」を作ってみよう

ポテトサラダ(2人分)
じゃがいも(インカのめざめ) 500g
ブロックベーコン       80g
バター              10g
きゅうり           1/2本 輪切
タマネギ           1/4個 薄切り
オリーブオイル        大さじ1
白ワインビネガー       大さじ1
マヨネーズ          大さじ2
塩、こしょう         適量
砂糖             少々

なぜ、インカのめざめを選ぶのでしょう?

(写真:吉澤健太)

「もちろんほかのじゃがいもでもいいんです。たとえば男爵いもはホクホクした食感で、比較的早く煮くずれるのでポテトサラダ向きのじゃがいもです。でもインカのめざめはより濃厚で甘味が強い品種。色も黄色いし、なんかリッチなポテサラになるんですよね」

なるほど。たしかに黄色味が強いほうがごちそう感がありますね。

次ページまずはきゅうりとタマネギを薄切りに
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT