報連相が「滞る職場」「徹底される職場」の境界

なぜ基本的な仕事をできない社員が増えたのか

さらには日常的に、「△△△の件、〇〇さんはどう思ってる?」「△△△について、〇〇さんの意見はどんな感じ?」と、発言を促す「攻めの質問」を習慣づけておくと、チーム内に、意見を出さざるを得ない雰囲気が漂い始めます。「攻めの報・連・相」の亜流といってもよいでしょう。

その返答が「ええ、まあ、特に……(ありません)」的なものにならないように、上司に振られたら必ず自分の明確な意見を言わなければならないというルールを、あらかじめ伝えておくという手もあります。

「否定的な論評」はできるだけ避けること

「3秒ルール」といって、「上司や先輩からの問いかけについては、必ず3秒以内に自分の意見を言わなければならない」というルールを徹底している会社を、私は知っています。不思議なもので、その会社の社員の頭の回転は速く非常にクレバーですので、やはり効果があるに違いありません。

『自分で考えて動く部下が育つすごい質問30』(青春出版社)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。

部下や後輩から出た意見をさらに掘り下げる関連質問はいいとして、意見そのものに対する否定的な論評は避けた方がいいでしょう。「〇〇さんはなんでいつも、そう否定的な意見ばっかり言うんだ……」とか「もっと現実的なアイデアはないか……」と、意見そのものを論評してしまうと、意見を言うこと自体をヤブヘビと感じてしまうので、逆効果になってしまいます。

また、個人的な判断基準や気分で報告や連絡をしない人については、言い方というより、なぜ報告、連絡が必要なのかを、しっかりと伝えるようにしましょう。

その意義や目的を伝えるのはもちろんですが、それを怠ることによってどのような事象やトラブル、障害が起きるかということを、実例とともに語る方法が効果的です。

具体的には、「私たちの部門は、常に情報を共有していかないと他部門や顧客に迷惑をかけるし、個人ではカバーしきれない実害を生み出すので、そこは注意しよう」といった言い方になります。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT