台湾で再婚の「シングル母」が驚いた環境の違い

子連れの彼女に対する彼の"神対応"の背景

近藤さんの再婚には興味深いエピソードがもうひとつあります。

ふたりの結婚証明書(写真提供・近藤さん)

実は、前夫と現夫、まったく違うタイプだというのに、生まれた年も星座も血液型もすべて同じなのだそうです。すごい偶然ですよね。最初はそれを不安に感じた近藤さんですが、再婚後数年経つ今も平和に暮らしているそう。こう考えると、恋愛などで重視されがちな星座や血液型って、実はたいして参考にならないんだな、と思ったりもしました(笑)

離婚を迷う女性に近藤さんが伝えたいこと

近藤弥生子さんの著書『オードリー・タンの思考 IQよりも大切なこと』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

さらに、彼女は、自身のこれまでを振り返って、

「お母さんがハッピーなら子どももハッピーになれる。子どものためにうまくいかない夫婦生活を我慢すること、それはある程度は必要なときもあるけど、限度を超えてまでやることじゃない。自分の未来を、今の生活の延長線上に限定しないで」と語ります。

それは、離婚を迷う女性に伝えたいことでもあるそうです。

というわけで、今回学んだつかれない家族になるヒントは……

子どものためにうまくいかない夫婦生活を我慢することにつかれた。

長い目で見て、それが本当に「子どものため」か考えよう。
自分も子どもも、両方が幸せになる道はほかにあるかもしれない。

こうして再婚した近藤さん。次回は、台湾の産後ケア「月子」について紹介します。

この連載にはサブ・コミュニティ「バル・ハラユキ」があります。ハラユキさんと夫婦の問題について語り合ってみませんか? 詳細はこちらから。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT