「ヘンリー王子夫妻」がどうにも好かれない理由

アメリカの人気番組出演に戦々恐々のイギリス

「王室、ハリーが落とす爆弾に身構える」という記事の下にはフィリップ殿下の記事を掲載(デイリー・メール紙、3日付。筆者撮影)

3月8日午後8時。イギリスでは多くの人が民放ITVの番組にかじりつくだろう。前日夜、アメリカのCBSが放送するヘンリー王子と妻メーガン妃が登場するインタビュー番組がイギリスでも放送されるからだ。

2018年ウィンザー城で盛大な結婚式を挙げた夫妻は、昨年1月、王室の上位メンバーとしての公務を縮小することを夫妻のインスタグラムのアカウントを通じて宣言した。寝耳に水状態となったエリザベス女王が急きょ家族会議を開き、事実上の公務引退を1年の猶予付きで認めた。

王室でのいじめを「暴露」?

今年2月、夫妻は王室の「実働メンバー」には復帰しないことを女王に伝えた。今月から最終的な離脱が決定した。ヘンリー王子とメーガン妃は今、長男アーチー君とともにアメリカで暮らしている。

90分の特別番組ではアメリカの人気司会者オプラ・ウィンフリーさんが夫妻にインタビュー。離脱に至る背景や一部で報道されている王室のほかのメンバーとの確執、スタッフによるいじめなどを夫妻が「暴露する」見込みだ。そうなれば、夫妻と王族の間の亀裂がますます深まるだろう。

保守系新聞「テレグラフ」の人気コラムニスト、アリソン・ピアソン氏は番組を「ホラー映画」と呼んでいる(3月3日付)。「お騒がせ夫婦」と言われる2人がいったいどんな衝撃的な内容を暴露するのか、戦々恐々状態となっている。

夫妻の結婚式ではアメリカ人で元女優のメーガン妃を熱狂的に受け入れたイギリス国民だが、今、2人の現在についてどう思っているのだろうか。

次ページ「祖父が病気なのに、テレビ出演?」
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT