「香り」をスマホで遠隔地へ運ぶ驚愕の技術

ハーバード大教授が事業化に向けて資金調達

まずは上の動画を再生してみてほしい。トンデモないスタートアップが登場しようとしていることがわかるはずだ。スマートフォンを通じて、遠隔地に香りを届けてしまう、というシステムを開発したというのだ。

6月17日には、ニューヨーク市マンハッタン区のアッパー・ウエストサイドにあるアメリカ自然史博物館で香りのメッセージを受け取るイベントも行われた。
パリに本社を構えるヴェイパー・コミュニケーションズのCEO、ディビッド・エドワーズは、衆目が見守る中で、パリから送られてきたシャンペンとチョコレートの香りがするメッセージを受け取った。ハーバード大学のワイス・インスティチュート教授でもあるエドワーズと、元教え子のレイチェル・フィールドは、マサチューセッツ州ケンブリッジで、このスタートアップを立ち上げ、現在は拠点をパリに構える。ヴェイパーとは蒸気という意味だ。

クラウドファンディングで資金調達

ベーパー・コミュニケーションズは、クラウドファンディング(ネット上で不特定多数から資金調達すること)のサイト、インディーゴーゴー(indiegogo)で、資金調達も行っている最中だ。同社がねらう資金調達目標額は15万ドル。6月29日現在で2万ドル以上集まっている。7月31日まで香りのするスマートフォンに関するプロジェクトのキャンペーンが行われる。  

次ページ今予約すれば149ドル
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT