なぜアマゾンは、スマホに参入したのか?

アマゾンのスマホ戦略を分析する

しかし、例えば将来的に世界規模の決済サービスに乗り出すとした場合、アップルの優位性は言うまでもない。8億件のカード番号を押さえていたとしても、参入をためらわせるのが決済サービス、ではあるが。

アップルにとっても、Fire Phoneとプライムサービスが連携していく姿は、あまり気分の良いものではないだろう。

iTunesで1曲単位で音楽を購入できるようにした功績は大きかった。しかし音楽を購入する、という行為は完全にダウントレンドの中にある。人々は、音楽ストリーミングサービスへと流れているのだ。アップルもiTunes Radioを昨年スタートさせ、既にスポティファイを追い越すシェアを既に獲得したが、めざましい成功とまでは言えない。ビーツ買収によって風向きが変わるかどうか注視すべきだ。

目指すライフスタイルは見えるか?

アマゾンのハードウェアを見ていて、いつも筆者が感じることは、本気でやっていて今回のFire Phoneも含めて良い製品を世に送り出しているが、ビジネスモデルの源泉は必ずしもハードウェアにあるわけではない、ということだ。

Kindleの時もそう感じたのだが、「まだ世の中に電子書籍リーダーやタブレット、スマートフォンといった、電子書籍を便利に読める端末がないからKindleをつくった」と見えるのだ。

Kindle Fireシリーズ、Fire TV、Fire Phoneも、Kindleと同様に、アマゾンが目指す新しいビジネスの形を作り上げる『過渡期』的なアイテムだとすると、アマゾンは物販からデジタルへ、所有から所有権管理へ、というモデルへと移行しようとしているのだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT