日本にも存在する?中国の「秘密結社」の正体

王道ではない中国の歴史を学ぶことの意義

致公党は、対外工作を中心に担っていますが、共産党としても、あえて共産党とは別に存在させることで、海外での仕事がしやすくなる、ひいては致公党を通して彼らとつながりの深い世界各地の洪門とも交流ができるというメリットがあります。洪門にとっても、共産党と仲良くすれば大きな仕事がもらえるため協力関係にあるようです。

――実際に致公党のメンバーも増えているみたいですね。

すごく増えています。特に海外留学の経験があるエリート層です。中国共産党にとっては、真正面から取り込むと大変だけれども、共産党の体制内にはとどめておきたい人物には、致公党のような衛星政党が存在するのは便利です。致公党の党員には有名な芸能人もいますし、日本国内にも孔子学院の関係者など、一定数の致公党関係者が存在しています。

――秘密結社など、いわゆる王道ではない中国の歴史を日本人である私たちが知る意義はどこにあるのでしょうか。

地縁だったり、血縁だったり、秘密結社的な盟友関係だったり、中華圏の人間関係は僕らが想像している以上のものがあります。

歴史学的な視点はビジネスにも役立つ

『現代中国の秘密結社』(中公新書ラクレ)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

例えば、中国のトップである習近平は台湾の国民党の名誉主席でもある連戦と、とりわけ仲がいい。

それは連戦自身が中国大陸の陝西省で生まれ、習近平も両親が陝西省出身だから。2人で陝西語で話したことがあったというエピソードがあるほどです。

僕ら日本人は政治の中心でもある北京中心で中国の政治や経済をとらえがちですが、習近平と連戦の逸話のように、実は地域ごと、コミュニティーごとに見ないとわからない側面もあります。こうした文化人類学的、歴史学的な視点は、中国でビジネスをするうえでも絶対に不可欠な視点だと思います。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT