発売から38年の「電気圧力なべ」突然大ヒットの理由とは?

復活

発売から38年の「電気圧力なべ」突然大ヒットの理由とは?

成熟化が著しい国内白モノ家電市場で、驚異的に販売を伸ばす商品がある。松下電器産業の「電気圧力なべ」だ。それまで年間3000台程度だった販売台数が、2007年度は一気に5万5000台に達する見込み。

高圧をかけるガス圧力鍋は食材に火が通りやすく、煮物などを短時間で調理できる。ただ、時間を正確に計って火加減を調整する必要があるなど、扱い方が難しいとのイメージが消費者の間で浸透していた。これに対し、「電気圧力なべ」は食材を入れて時間を設定すれば、後は調理が終わるのを待つのみ。高齢者も安全で簡単に扱える。

実は「電気圧力なべ」は1970年に発売された商品。しかも30年以上も基本的なデザインや機能は変わっていない。ただ、消費者への認知度が極端に低く、「社内ですら存在を知らない人間がほとんどだった」(商品企画を担当した高橋宏明氏)。

そこで高橋氏は、松下系列の販売店を中心にこの商品を使った料理を実演。調理師学校と組んでレシピ集も作った。これらの地道な宣伝活動が奏功し、人気が沸騰。一時は生産が間に合わずに品切れを起こしたほどだ。現在、圧力鍋市場は約130万台。「電気圧力なべ」の開拓余地は大きい。「さらに商品の認知度を上げて成長させていきたい」と高橋氏は意欲を燃やす。
(週刊東洋経済:中島順一郎)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT