アリババ馬雲氏はいまどこで何をしているのか

南シナ海のリゾート・海南島でゴルフを楽しむ

数カ月間ほとんど公の場に姿を見せなかった中国のアリババグループ共同創業者、馬雲(ジャック・マー)氏の所在を巡りさまざまな臆測が飛び交った。出国してシンガポールにいるとか、自宅での軟禁状態にあるとか、厳しい監視の下で収監されているというような見方さえ浮上した。

馬氏は最近の数週間、南シナ海に浮かぶ海南島の「サンバレー・ゴルフ・リゾート」でゴルフを楽しんだ。プライベートな情報だとして事情に詳しい関係者が匿名を条件に語った。

サンバレー・ゴルフ・リゾート

馬氏は1月20日にライブストリーミング配信された教員向けビデオで久しぶりに登場したが、同氏の所在が分かったのはそれ以来となる。

アリババ傘下のフィンテック企業アント・グループの上場は昨年11月に突然中止。率直な物言いで知られる馬氏の居場所が確認できなかったことから、拘束や資産没収もあり得るとの最悪のシナリオを想定する向きもあった。

馬氏は最近の数週間、海南島の「サンバレー・ゴルフ・リゾート」でゴルフを楽しんだ(出典:ブルームバーグ)

アリババとアント、サンバレー・ゴルフの担当者はコメントを控えた。

馬氏の長年の友人であるソフトバンクグループの孫正義社長は今月8日、馬氏と「個人的な趣味の話」をやり取りしていることを決算発表の席上で明らかにした。

原題:Jack Ma Spotted Playing Golf, Easing China Detention Fears (1)(抜粋)

著者:Bloomberg News

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT