離婚する前、「ちょっと待って」という区役所

あくまでも子ども目線で――文京区長(上)

現状のベビーシッター制度は高すぎて使えない

成澤:話は変わりますが、子育てしていて、もうひとつ問題だな、と思うことは、ベビーシッターサービスです。ものすごく高い。

坂之上:1時間4000円とかありますよね。1時間2000円でもキツいです。

成澤:そうなんですよ。パートで働いている人が、時給4000円で働いてますか?って話です。シッターさんを雇って赤字になるなら、誰も働きになんて出ないです。だけど、誰が提供しているかよくわからないサービスは恐ろしくて使いたくない。

自分の払える値段で、安心して預けられるところがあるなら、どのお母さんだって、ほんとうは怪しいサービスを使いたくはない。使いたくて使っているわけではないんですよ。

坂之上:もちろん、そうです。

成澤:でも、民間だって赤字でやっていくわけにいかないでしょ。そうすると、どうしても人件費がかさんで、料金が高くなってしまう。

坂之上:完全に、労働集約型のビジネスモデルですからね。

成澤:その一方で、これを区が運営すると、今度は役所の負担が大きくなりすぎてしまいます。区民の理解も得づらいですし。

坂之上:子どもがいる家庭ばかりじゃないですから、区民の負担が大きくなりすぎても不公平感がでてしまいますよね。

成澤:わたしはね、社会福祉協議会(社協)みたいな、「役所でもなければ、民間でもない」というところによるシッターサービスを始められないかと考えています。社会福祉法人というのは、非営利の団体なので、区の運営でも、民間でもありません。そこにやってもらえば、価格を民間の3分の2とか、半分ぐらいにできる。

坂之上:だけど、社協なら、すでにファミリー・サポート・センターをやってますよね? 

成澤:そうそう、やってます。保育所への送り迎えとか、親が困ったときにボランティアの人が助けてくれます。ところが、今は利用したい方の数に比べてボランティアの数が少なくて、なかなか利用実績が増えないんですよ。

これをボランティアじゃなくて、サービスに変えたら、うまくいくんじゃないかと思ってね。社協なら、おカネがかかりすぎるということにもならないし、安かろう悪かろうにもならない。

区はまったくノータッチなわけじゃなくて、ある程度、おカネも出して出資しているので、利益率は民間の半分ぐらいで十分。もし利益が出たら、ホームヘルプサービスとか、見守り訪問とか、社協のほかの事業に回せばいい。

次ページまずは子どもをまんなかに
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT