先進国「ワクチン独り占め」で実は損する構造

経済への影響はブーメランのように跳ね返る

多くの国で新型コロナウイルス向けのワクチン接種が始まっているが、裕福な国がワクチンを独り占めするのは望ましくない(写真:Andrew Testa/The New York Times)

裕福な国々による新型コロナワクチンの独り占めで懸念されるのは、人道上の大惨事だけではない。結果的に経済が大打撃となり、富裕国にも途上国とほぼ同様のダメージが広がる──。

これは最新の学術研究で明らかとなった重要なポイントだ。最も極端なシナリオ、つまり豊かな国々が今年半ばまでに国民へのワクチン接種を完了する一方、貧しい国々でほとんど接種が進まなければ、世界経済が被る損失は9兆ドル(約940兆円)を上回ると研究は試算する。これは日本とドイツの国内総生産(GDP)を足し上げた金額よりも大きい。

しかも、その損失の半分近くはアメリカ、カナダ、イギリスといった富裕国が背負うことになるのだ。

損失の半分は富裕国に

研究では、途上国では今年の終わりまでに人口の半分のワクチン接種が終わるシナリオが最も可能性が高いとされたが、このシナリオでも世界経済には1.8兆〜3.8兆ドルの損失が生じ、その半分以上を富裕国が被ることになる。

国際商業会議所からの委託で行われた同研究の結論はこうだ。すべての国に公平にワクチンを配布することが、すべての国の経済的利益にかなう。中でも貿易依存度の高い国にとっては、そうすることが一段と自らの利益となる──。

ワクチンを貧しい国々に分け与えるのは慈善行為に過ぎない、という広く流布した考え方の迷妄を打ち砕く結論といえる。

次ページ各国間の格差が広がるという単純な問題ではない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT