世界の哲学者が考える「テレビ」に問われる役目

TVの鑑賞は哲学ではどう位置付けられているか

テレビの役割はどう位置づけられるのでしょうか(写真: muu /PIXTA)
ラジオからテレビ、そしてユーチューブなどに代表されるような新しいプラットフォームまで、メディアはつねに形を変え、役割も変化してきています。哲学者で玉川大学文学部名誉教授の岡本裕一朗氏が上梓した『哲学と人類 ソクラテスからカント、21世紀の思想家まで』を一部抜粋・再構成し、哲学の視点から見た、メディアの変遷、テレビの意義を紹介します。

19世紀の技術メディアが記憶保存メディアであったとすれば、20世紀のメディアは伝達メディアが中心となります。その中でも特に、20世紀前半に代表的となったのがラジオです。その意義を、ヘーリッシュは次のように表現しています。

ラジオによってはじめて可能になる経験は、今日、わたしたちにとってごくありふれたものだが、ラジオが普及しはじめた時代の人々にとっては、二重の意味で不気味なものであった。メディアは第1に、紙、ローラー、フィルムのように手で触れることができるものから解放され、妙に物質性を欠いた、空気のようなものになる。しかしそれによって、メディアは第2に、出来事をリアルタイムで大勢に中継することができるようになる(ヘーリッシュ『メディアの歴史』)。

ラジオの時代が到来する

このように、第1次世界大戦の後にラジオの時代が到来したと言われますが、これと同じように表現すれば、第2次世界大戦の後にテレビの時代が到来すると言えます。

もちろん、散発的には、第2次大戦前からテレビ放送は行われていましたが、社会の中で爆発的に普及したのは戦後なのです。2つの世界大戦を境として、ラジオとテレビという20世紀の主要な伝達メディアが誕生したのです。

問題は、この2つをどう理解するかにあります。たとえば、マクルーハンは『メディア論』のなかで、「ホット」と「クール」という対概念を出して、ラジオは「ホットなメディア」、テレビは「クールなメディア」と区別しました。しかし、その区別はどのような意味なのでしょうか。

マクルーハンによれば、ホットとクールを区別するのは、「高精密度」、つまり「データを十分に満たされた状態」かどうか、とされます。この表現は必ずしも厳密とは思えませんが、たとえば「写真」がホット(「高精密度」)、漫画がクール(「低精密度」)と言われると、何となくイメージできるでしょう。

次ページホットとクールのさらなる違い
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT