オリラジが「デビュー直後」にブレイクした必然

武勇伝ネタは「偶然の産物」ではまったくない

これが認めてもらえるのかどうか、漫才としておもしろく見せられるかは、ちょっとわからない。

でも、なぜかピンときた。これがいいよ、きっと。そんな気持ちに素直になれた。

ぼくらはこの「中田伝説」を練習して、次のネタ見せの授業に持っていった。

講師の先生は基本的にいつも無愛想だし、生徒たちのネタを褒めることなんてめったにない。いや、これまでにだれかが褒められていることなんて、一度たりとも見たことがなかった。

それなのに。ぼくらが「中田伝説」を演じ終わると、先生は褒めてくれるとまではいかないまでも、

「うーんこれは……。なにかあるかもしれんな」

と言ってくれた。かなりの好感触、ということだ。

お笑いを志してから初めて、ほんのすこしでも報われたという実感が持てた。

好感触を得て…

ただ、そうはいっても、手放しで認めてもらえたわけじゃない。工夫していけば、ひょっとするとモノになるかもしれないと言われただけだ。

でも、ぼくらはそこにすがりつくしかない。

『PRIDELESS(プライドレス) 受け入れるが正解』(徳間書店)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

そこから2カ月ほどのぼくらの時間と熱量は、このネタをブラッシュアップしていくことだけに注がれた。

アタマにただ歩いて登場するんじゃつまらないから、ヘンな歩き方にしようよ。

もっと全編リズムに乗って、踊っているみたいにやっちゃうってのは?

いっそラップだよ、しゃべるというより、もうラップみたいに歌っちゃおうぜ。

アイデアはどんどん湧いた。主にあっちゃんが思いつくのだけれど。

それらを全部取り入れて改良していったら、これまであまり見たことのない、奇っ怪なネタができ上がっていた。

そう、これがそのまま、ぼくらオリエンタルラジオが、デビュー直後からちょっとした流行を生み出せた「武勇伝」ネタの原形になったものだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT